読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

山形駅前でいただく、山形名物「冷たい肉そば」




山形の夏と言えば、「冷やしラーメン」というワードを聞いたことがある方も多いはず。しかし、もう1つ山形の夏に欠かせない冷たい麺がありまして、、それは「冷たい肉そば」というお蕎麦。念願叶って、初めて山形の地でこの「冷たい肉そば」を食すことができました。

店先には年季の入った暖簾がかけられていました。


山形県内にいくつかある「そば街道」へ向かえば道端のいたるところで「冷たい肉そば」の看板を目にするが、今回は山形駅東口から徒歩3分の場所にある、駅チカのお蕎麦屋さん「続 おそばに」を訪れました。

冷たい肉そばは、キンキンに冷えたもりそばとかざるそばではなく、温かい肉そばの出汁が冷たいものと考えて頂ければイメージしやすいかも。もともとは山形県のほぼ中央部にある河北町発祥と言われる郷土料理で、最近はご当地B級グルメとしても知られるようになった。現在では河北町だけではなく、山形県村山地方山形市など)を中心に食べることができます。冷たい肉そばの「肉」は鶏肉(親鳥)。あとは長ネギが添えられている。冷たいつゆは鶏だしなので脂っぽくなく、最後までおいしく食べられるのがこの料理の特徴なんだそうです。

想像よりも鶏だしが冷たくて、脂がかたまって浮いているわけではないのでさっぱりと最後まで食べられました。食べる前は「だしは塩辛いかもしれない」と思っていましたが、ちょうど良い塩加減。鶏肉は噂で聞いていた通り、歯応えバツグンです。でもやわらかい鶏肉よりもこのかたさが冷たい肉そばには合っています。食べごたえもあるので暑い夏にはそうめんよりも良いかもしれません。追加トッピングも用意されているので、大根おろしやとろろなどお好みで注文するもの良し◎



昔も今も愛される、前店主の遺志を継いだお店

どうして店名が「続 おそばに」というのかと思ったら、その答えが山形経済新聞に載っていました。「続 おそばに」がオープンしたのは2015年の12月。前店主が11月に亡くなり、公私ともに親交があった現在の店主がお店を継ぎ、店名の「おそばに」に「続」が付いたのだそうです。

ちょうどお昼どきに訪れたのですが、昔からの常連さんと見られる方が多く、昔も今も変わらず人気店ということがうかがえました。

お昼はお蕎麦がメインですが、夜は山形地酒をはじめとしたこだわりの日本酒と一品料理を味わうことができるそうです。宴会コースも用意されているのでお蕎麦も地酒も欲張りたい方におすすめです。

 



川越氷川神社の「縁むすびび風鈴」に行ってきました




埼玉県川越市は「小江戸川越」と呼ばれ、蔵造りの町並みが現在にも残る観光地。その蔵造りの町並みからもう少し北へ足を伸ばすとあるのが川越氷川神社。縁結びの神様と知られており、東京大神宮にも引けを取らないほど多くの女子が訪れる。今回は川越氷川神社で開催されている「縁むすび風鈴」に行ってきました。



天の川に恋の願いが届くように…

「川越氷川神社 縁むすび風鈴」は、2014年から開催されるようになった、比較的新しい夏限定の祭事です。



1番の見どころは、風鈴回廊。カラフルな風鈴たちは全部で11色、昨年(2015年)から引き続き、参拝者の願いを木でつくられた短冊に書いて風鈴に結びつけることができる。



Instagramなどで写真を見ていて風鈴の回廊は一か所だけだと思っていたのですが、実際に行ってみるとポスターなどでよく見かける回廊以外にも至る所で風鈴が吊るされていました。カラフルな風鈴もいいけど無色透明な風鈴も風情があっていいですね。



他社の風鈴市のように風鈴の音色が鳴り響いていると思いきや、下に取り付けられた絵馬の部分が重くて、強風でない限りは音が出ないところは少し残念でした。



このイベントは8月末まで開催されているので気になる方はお早めに。



ランチは蔵造りの町並みまで足を伸ばして

氷川神社をあとにして、徒歩圏内の小江戸川越蔵造りの町並みが広がる方面へランチを求め、移動。そして見つけたのが鐘つき通りにある「Lightning Cafe(ライトニングカフェ)」



「川越に来たらここ!」という感じでリピーターが多い様子だったので(お店の入り口にて)その方たちにまぎれてお店に行ってみました。店内はおしゃれなカフェ造りでインテリアも可愛い、女性受け間違いなし!な内装。



お客さんはほぼ女性。というか女性客しかおらず、ランチとドリンク・デザートまで楽しんでいる方が多かった。



和風・洋風メニューがある中からハンバーグプレートを注文しました。ご飯が付くメニューには必ず付いてくるのは酵素玄米」。この酵素玄米は健康マニアのあいだではかなり有名なものらしく、長岡式酵素玄米というものらしい。とってもモチモチで玄米というかもち米という感じでおこわを食べているようでした。ランチ後に蔵造りの町を歩き回るには良い腹ごしらえになりました。酵素玄米、おすすめです。





ふんわり卵のオムライス、他とは違う和風な味付け。@渋谷




JR渋谷駅新南口から徒歩2分、渋谷三丁目エリアにある和欧創作ダイニングバー「Dining GROOTS(ダイニング グルーツ)」。ランチタイムのオムライスが人気なお店です。



20席の隠れ家的ダイニングバー

お店は地下にあり、ちょうど渋谷で有名なサンドイッチ店「55(フィフティーファイブ)」の下階にあります。お店に続く階段は明治通りに面した55のメニューの奥にあるので、メニューを見ている人の前をすみません、すみません…と言いながら少し急な階段を降りるとすぐに店の入り口だった。

店内に入ると、厨房を囲むカウンター席と奥に半個室的な空間のソファー席があり、こじんまりとした印象でしたが、店内には数組がすでにオムライスを食べながら、賑わっていました。(常連客の方もいるようでした)


850円で満腹のオムライスランチ


和風オムライス

ランチタイムのオムライスはデミグラスソース・トマトソース・ケチャップ・和風の4種類。満腹になるサイズだったのに850円とかなりお財布にも空腹にも優しい。嬉しい!

私が注文したのは、和風オムライス。卵の下のライスは和風チャーハンでふわふわ卵の上にきのこが入ったあんがかかっています。ライスの上に乗ったフルフルと揺れるふわふわ卵をスプーンで割って、ライスが隠れるように覆う。するとちょっと天津飯みたいである。



ライスは見慣れたケチャップ色ではなく白色。黒胡椒がきいていてスパイシー。なので卵とバランスよく食べるのがポイント!


デミグラスソースオムライス


トマトソースオムライス

もちろん、ケチャップライスのデミグラスソース、トマトソースのオムライスも美味しかったです(ちょっとずつシェアしました)。

今回はオムライス狙いで行ったのですが、GROOTS畑で採れた野菜・山口県で取れた魚・下関名物「瓦そば」・長州地鶏・ジビエ料理なども味わうことができるようです。夜にBarとしてもよさそうですね!