C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

はてなブログをちょこちょこカスタマイズ③関連記事など




今回で3回目になる、はてなブログのカスタマイズまとめ。いよいよ大詰めになってきました。

今回は

▼Google Chromeでもフォントを綺麗に表示する
▼記事下の関連記事の表示

といったカスタマイズをしていきます。



■Google Chromeでもフォントを綺麗に表示する

「Montserrat」というフォントを気に入って、新しく作ったブログのほうでは英数字表記の部分によく指定しているのですが、Chromeで見ると汚い…。WindowsChromeから閲覧してもフォントがカクカクしないようにしたい!!!

で、参考にさせていただいたのがこちらの記事

いろいろ設定してみて、最終的に -webkit-text-stroke: 0.18px; に落ち着きました。(iOSほど綺麗にはならないんですが…。)詳しくは下の記事を参考にしてみてください。




▼記事下の関連記事の表示

はてなブログの記事下に関連記事を表示する方法は調べてみるといろいろあって、こちらの記事では9つの方法が紹介されています。

こんなに方法があれば、ブログ全体のデザインや好みに合わせてカスタマイズできそう。


当ブログも関連記事の表示方法を変えてみることにしました。このブログではサイドバーのモジュールの関連記事を記事下に表示させる方法でカスタマイズすることに。手順を参考にさせていただいたのはこちらの記事。簡単でおすすめです!

すっきりとしたシンプルなデザインです。



今のままでもいいのですが、もうちょっと画像メインの横並びのデザインに変えたいのでCSSを以下のように付け加えました。

①自分のブログの記事下の幅(例:657px)
②表示記事数(例:4)
③合計余白…10px * 表示記事数 * 2(例:10×4×2=80px)

サイドバーの関連記事の設定でサムネイル画像のサイズを入力する
657-80=577 577÷4=144.25(※実際には小数点以下は入力できないので144)

/* 関連記事 */
.hatena-module-related-entries {display: none;}
div#relateArticle {margin-bottom: 40px;}
li.urllist-item.related-entries-item {
width: 144.25px;
float: left;
margin: 10px;
}
.urllist-with-thumbnails li .urllist-image {
margin: 0px;
}
div#relateArticle .hatena-urllist li {
border: none;
}
img.urllist-image.related-entries-image {
padding-bottom: 10px;
}

これでイメージ通りに。外部のサービスを使う方法もありますが、サイドバーのモジュールを使ってデザインを変えるほうが1番手っ取り早くて、自由度が高いように思います。







渋谷で和食が食べたくなったとき、ぴったりなお店を発見




「今日のランチは和食が食べたい」と和食モードな胃袋をがっつりつかむお店に行ってきました。「魚料理 渋三吉成」はディナー時はちょっとお値段が張るものの、ランチタイムは1100円で女性だとかなり満腹感を得られるボリューム感です。



渋谷でも築地並みに新鮮な鮮魚を

実は同じくJR渋谷駅周辺の宮益坂方面に本店がありまして、人気店である「吉成 本店」の姉妹店である「魚料理 渋三吉成」。(本店でも同じようにランチを提供しているみたいです。)

「吉成 本店」では天然物にとてもこだわりを持っていて、毎日築地から仕入れており、刺身は当日仕入れた天然鮮魚のみ、ディナータイムに提供される魚介には養殖は扱わないという徹底ぶり。

その本店のこだわりを継承するこちらでも、全国からその日に水揚げされた鮮魚を使った料理を味わうことができます。



選べる定食を注文してみた

「魚料理 渋三吉成」はビルの2階にあり、エレベータの扉が開くとそこはすでに店内の通路。ちょっとびっくりしますが、回転率は早いのでメニューを見ている間に席へ。

メニューの見方は初めてだと少し戸惑う。ランチは2種類用意されていて、1つは「選べる定食」。もう1つは「酢めしを使った丼ぶり」。選べる定食はメニューから好きなおかずを2品選ぶことが出来る。品物は上段と下の段に分けて書かれており、上の段は刺身。下の段は煮物や炒めものなどの料理からそれぞれ1品ずつ選ぶ。丼ぶりのほうはA丼・B丼・C丼といった具合である。

定食には味噌汁と小鉢、どんぶりサイズの白米とおしんこがセットになっていました。





私は少しでもお刺身が生臭いとダメなのですが、まったく臭くない。さすがその日にとれた鮮魚だけを扱っているだけあります!豚バラしょうが焼きもやわらかくて脂っぽさがなく、豚角煮は6時間煮込んでいるとメニューに書いてある通り、お箸を入れればホロホロとなり、豚臭さもありませんでした。おかずが美味しくて、どんぶりサイズの白米をたいらげてしまいました。

他にも選べる定食の定番の1品には玉子焼や筑前煮などもありました。いろいろ好きなものを選んで自分のお好みの定食を頼めるところも魅力的なお店です。和食が食べたいときや、新鮮なお刺身が食べたいときにもおすすめ。



近所で有名な心霊スポットがポケモンGOのポケストップだった




日本でもポケモンGOが配信されて、初めて迎えた週末。至る所でスマホ片手にポケストップを巡る人々に出会いました(そんな私もiPhoneをしっかり握り締めていました)。しかし、ポケストップをはしごしているうちにあることに気がつきました。



ポケストップって地蔵も多いんですが

ポケモンGOのマップ上に点在するポケストップとは、ポケモンを捕まえるたびに消費するモンスターボールやその他のアイテムを入手できるスポットである。実際にある場所がポケストップとして設定されており、寺社仏閣や郵便局、公園、駅など、はたまたパチンコ屋の店先に置かれたオブジェだったりする。



私の家から1番近いポケストップは、昔からある子育て地蔵で他にも近所の小さな祠とか地蔵尊がポケストップになっていた。そこでふと割りと近い場所にある心霊スポットの地蔵を思い出した。この場所は結構有名な心霊スポットで、全国版の特集雑誌等でも紹介されるほど。で、その心霊スポットの地蔵がポケストップとして設定されていることに気がついた!(近所の人は絶対近寄らないだろうけど)昼間は比較的大丈夫だが夜は絶対に行ってはいけない場所と言われているのに知らない人が来たら、うっかりもれなく心霊体験するかも。県道沿いだし。

今朝3:30頃にポケモンGOを見たら、近所の公園のポケストップに花びらが舞っていた。夜中にポケモンを求めてウロウロする人もいるのだから何かに遭遇しないとは言い切れないよね…



そのポケスポットは、もしかしたら…

この他にも全国でタクシーの運転手が知るような心霊スポットでポケストップとして設定されている場所もあるんじゃないでしょうか。(しかも本当にヤバいやつで)あるいはジムだったりして。

ということで、ポケモンGOは間違いないなく今夏1番アツイアプリゲーム。ポケモンを集めつつ、さらに夏のイベントの1つ、肝だめしも同時にできるなんて!!!ポケストップと心霊スポットを合わせたマップを作ったら面白いかもしれない…。