読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

ワンプレートランチでサラダたっぷりが嬉しい。@渋谷

旅行・おでかけ




今回もまたまた渋谷で美味しいお店を発見しました。

ワンプレートランチなのにサラダのボリュームはたっぷり!!!

生野菜が食べたいこれからの熱い季節にも、サラダ好きな女子にもおすすめなお店です。



落ち着いた雰囲気のカフェ&バー

今回、ランチにおじゃました「CAFE&BAR R(カフェアンドバーアール)」は明治通りから1本入った、金王八幡宮までの間、渋谷3丁目の落ち着いたエリアにあります。



店内に入るとアンティーク調の家具が並んでいて、落ち着いたシックな雰囲気。やはり店内はランチタイムの女性客が多い。ランチプレートは何種類か用意されていたが、(最近はいろんな店でポークジンジャーを食べることがマイブームになっているので)ポークジンジャーのプレートを注文。



写真はランチプレートのセットのスープ。

しばらくしてテーブルに運ばれてきたポークジンジャーのプレートはこんな感じ。全体の量は多すぎず少なすぎずちょうど良いボリューム。



おしゃれなポークジンジャーだった



知っているよく見るポークジンジャーとはちょっと違い、マヨネーズがかかっていた。(定食屋さんとかでポークジンジャーの後ろに盛られている千切りキャベツの上にマヨネーズとかは見たことあるけど…これはちょっと違う!!)マヨネーズも自家製なのか酸味がなくてマイルド。美味しかった〜。



カフェ&バーということで、店内の黒板メニューには一品ものがズラズラと書いてありました。ずいぶん豊富なメニューで夜のバーの時間にいっても楽しめそうです。



忘れてないよ!151匹のポケモンたち

ニュース・話題


昔、母が陶芸教室で作ったメタモン。昨年の大掃除のときに発見されて、それ以来玄関に石庭のように飾られている。

こちらの記事を読んで、私も「ポケモンGO」によって思い出したなつかしさとか、小学生時代の記憶とかを書きとめておくことにしました。


小学1年生のとき、校内の祭の装飾用にポケモンの塗り絵をクラス全員で塗っていた。ピカチュウのしっぽの上と下どちらが茶色かで論争が起こり、兄がいる子がポケモンの色を解説していた。それが私とピカチュウの出会いでした。数年後、ゲームボーイカラーポケットモンスター(赤)を買ってもらった私は初めてのゲームということと(当時、家にはファミコンや64などのゲーム機器がなかった)ポケモンの魅力に取り付かれ寝ても覚めてもポケモンのことを考え、買ってもらった書籍のポケモン図鑑を読み込んだ(時には友達から聞いた情報を書き込み)。呆れた母がゲームボーイを捨てるとか言い出したので、ゲームボーイ本体と電池と電池カバーを(何故か)別々の場所に隠してから登校していた。


それから時は流れて、この2016年にポケモンをまた捕まえに行くなんて!!!想像もしませんでした。妹が本家の黄バージョンから最新のXYまでプレイしていて、どんどんカラーになり3Dになりポケモンは700匹以上に増え、XYでは着せ替えピカチュウがフリフリのお洋服とか着ちゃったりして、変わっていくポケモンに横目で見ながらもう知ってるポケモンじゃないなー。と思ってたのですが「ポケモンGO」は(今のところ)第一世代のポケモンのみで昔のよく知ってるポケモンだった。もぐもぐ (id:haruna26)さんも述べられているように驚いたのは小学生の時に覚えた151匹の記憶は今もちゃんと覚えていること。名前と何に進化するかとか進化なしとか、近くにいるポケモンのシルエットを見て何のポケモンかわかること。これにはとても感動した。もちろん、話題だからポケモンを全く知らない人もポケモンGOをインストールして楽しんでる人もいると思うけど、赤・緑・青・黄世代にとっては当時の記憶が蘇る、最新なのに懐かしさを感じてやってる人もいると思うのです。あと聖地と呼ばれる場所に行くのも、本家の中で○番どうろにあのポケモンが出るからウロウロしてるとか、イワヤマトンネル攻略するのにピカチュウのフラッシュが必要だからマサラタウンの近くまで戻ってピカチュウ出るまで粘ってるとかそんな感じなんじゃないかと思った。(ゴミのポイ捨てとかルール違反はいかんよ)



総合ファッションアパレル企業のWORLDが展開する ITS'DEMO (イッツデモ) が昨年の夏から販売してるガーリーなピカチュウの商品。まつ毛もクリンってなっててかわいい。

ポケモンGOが配信されてから凄い!と思ったのは配信された金曜日・土曜日・日曜日はどこにいってもポケストップに自分と同じようにポケモンGOのアプリを開いたスマホを片手に立つ人々と電車の中もポケモンGOの話題ばかりだったこと。なんかこれってFacebookTwitterとは違う、細田守監督のサマーウォーズに登場する仮想世界OZ(オズ)やガッチャマン クラウズのGALAXのようだと思った(内容は全然違うけど)プレーヤー同士の交流はないが、みんなが同じ場所でポケモンをただゲットするために集まっているっていうのが面白かった。深夜に近所のポケストップで花びらが舞っていると、自分以外にも起きている人がいるんだっていう深夜ラジオを聴いているような気分になった。


余談ですけど、昔あったコイキングをミュウにする裏ワザ(シオンタウンの姓名判断で名前変えるやつ)で成功した人いたんでしょうか?ミュウ欲しかったなー…だから今回こそ151匹捕まえるまでやりたい。と思っていたけど早くも飽きてきました。これはポケモンGOに四天王がいないから?それともあんなに情熱を持ってポケモンやってた小学生の自分じゃないから?



JR池袋駅を見下ろす、のんびりできる空中庭園

旅行・おでかけ




池袋にも「モネの池」があるという噂を耳にして、西武池袋本店の屋上庭園に行ってきました。



20種類以上の睡蓮が植えられた、睡蓮の池

西武池袋本店の9階屋上にある「食と緑の空中庭園」。空中庭園内にある睡蓮の庭の写真をときどきInstagramで見かけて、ずっと気になっていました。本館の9階にあるLOFT(ロフト)の店内を抜けて外にでると空中庭園。しかし、建物から出てすぐの場所では睡蓮の庭がどこにあるかわかりません。睡蓮の庭は建物から1番遠い場所に位置していて、庭園の突き当たりにあります。



5月〜6月にはクロード・モネが庭に植えていたバラが見頃を迎え、今の季節は池に浮かぶ睡蓮が最盛期。池自体の規模は小さいのですが世界各地で開発された、温帯・熱帯睡蓮あわせて20種類以上が咲くそうです。また、8月〜9月にはクロード・モネが憧れたブルーの睡蓮が見頃になり、夜には熱帯睡蓮のライトアップも行われるそうです。



手前から太鼓橋を入れて撮影すると、どうしても豊島区の清掃工場の煙突が写ってしまうのが残念ですが、駅の上にあるとは思えないくらい素敵な庭でした。



空を見ながら食事も楽しめる



建物から出てすぐの場所にあるウォーターテーブルも素晴らしい。円形の大きなテーブルで縁の部分が天板、その内側は水が張ってあり、その中には睡蓮が咲いていました。この季節は屋上庭園て暑いかなと思ったのですが夕方になると風が心地良くてこのテーブルに座ってぼーっとしていられました。屋内のカフェよりもリラックス出来ておすすめです。



空中庭園は睡蓮だけじゃありません。飲食物を扱う店舗もあります。西武の屋上に昔からある(昭和43年からあるらしい!)手打ちうどんのお店はリニューアル前と同じ場所で営業中。他にも気軽に食事が楽しめるショップやイタリアン・スパニッシュなど季節ごとに変わるメニューが味わえるテラスレストランもある。10月まではビアガーデンも営業中なので、是非是非!夜の睡蓮鑑賞とともに行ってみてはいかがでしょうか。