読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

はじめて、ワイヤーリングを作ってみた




ワイヤーリングをはじめて作ってみました。ラピスラズリを使ったお洒落で華奢なリングを探していて、ハンドメイドマーケットのminne(ミンネ)とかCreema(クリーマ)とかのリングが結構いいなーと思っていたのですが、よく見てみると「これ、ワイヤーリングかな?」というものが多くて、ワイヤーリングだったら自分で作るわー。というのがきっかけで自分で好みの天然石を買って、変色しにくいというワイヤーを探して作ってみました。自分でも初めてにしては満足行くものができた。


【用意するもの】
・0.32mmジュエリーワイヤー(金色)
・4mmの天然石
・工具類(丸ヤットコ、平ヤットコ、ニッパー)

ワイヤーは、PARTS CLUBさんで扱われている「ジュエリーワイヤー」を使いました。銅線に銀メッキを施し、その上にカラーナイロンをコーティングしたているので耐久性に優れ、変色褪色しにくいそうです。

石は天然石シルバーティングスクラブさんで購入しました。キューブ型のラピスラズリが欲しかったので希望のものと同じものがあったので即通販で購入。


【作り方】
⒈ ワイヤーを自分の指に巻きつけて内径を決めます。この時に指にピッタリ巻きつけてしまうと、キツくなって指に入らなくなってしまうので少し余裕を持って巻くように注意!


⒉ このワイヤーは0.32mmと細いので、10回巻きました。何回巻くかはお好みで!(太めのワイヤーなら巻きは1回ほどで終わり。デコレーション巻きもいらないです。)

⒊ リングの土台が出来たら、今度は土台にワイヤーを巻きつけていきます。長めにワイヤーを用意して、リング台の奥(指にはめた時に手のひら側になる中央)からワイヤーを巻きつける。


⒋ ワイヤーは全部巻きつけずに前方の石を付ける中央部分の5mmくらい残しておきます。ワイヤーが細いので強度が心配だったのですが、ワイヤーを全体に巻いてみたら指で挟んで押しても変形しないくらいの強度になりました。



⒌ 石を付けます。0.32mmのワイヤーなら大体どの穴のサイズでも通ると思います。今回は4mmのキューブ型のラピスラズリを使います。


⒍ リングに巻きつけて余っているワイヤーを左右から穴に通す。通したワイヤーを下で交差させて、また左右から穴にワイヤーを通す。こうして3回ワイヤーを石をに通します。



⒎ 最後は余ったワイヤーを石のすぐ横で数回巻いて、残りのワイヤーが1cmくらいになったら、石の下を通して逆側の穴の近くで巻いて処理をする。最後のワイヤーは指に刺さらないように止める位置に気をつける。(最後の処理の方法は自己流でいいのと思います)


テレビを観ながら作って、1時間弱で出来ました。材料費も今回のリングだけだと100円かかってない!金属アレルギー気味なところが唯一心配ですが、愛用品になりそうです。