C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

浅草寺のほおずき市と雷除札




今日は浅草寺に行って、昨年の「雷除札」を納めて新しい「雷除札」を頂戴しに行く。
(先日の古い御札と御守りを納めに行く旅の続きでもある▼)


浅草寺の古札お納め所は、本堂手前の左側。



浅草寺では毎年7月9日・10日の両日は「四万六千日」のご縁日。
両日中に参拝すれば、46000日分(約126年分)の御利益があると言われている。
つまり、ポイントカードで言うならポイント5倍のような何ともお得な日なのである。



この、ありがたーい日と同時に境内で開かれるのが「ほおずき市



たくさんのほおずき露店で賑わいます。



現在は観賞用として、色んなタイプのほおずきが売られていますが、昔は薬草として人気だったそう。





そして、この2日間だけ受け取ることができるのが「雷除(かみなりよけ)」という御札。
(小さいものが「災難除」、真ん中の大きなものが「雷除」▼)



江戸の昔、落雷のあった農家で「赤とうもろこし」を吊るしていた農家だけが無事であったことから、文化年間(1804~18)以後に「雷除(かみなりよけ)」として赤とうもろこしが売られるようになりました。ところが明治初年に不作が原因で赤とうもろこしの出店ができなかったことから、人々の要望により「四万六千日」のご縁日に「雷除」のお札が浅草寺から授与されるようになり、今日に至っています。

で、今年もゲリラ雷雨などから守ってもらうために受け取りに来た。
この間の5月に雷すごかった時、家に雷落ちたけども。笑)

浅草に着いたら、久しぶりの晴天だからか人だらけ海外からの観光客も修学旅行もバスツアーも凄い。





暑さと人混みでこのクエストは困難を極めた…。浅草神社も混んでる…。



帰りに浅草のメロンパンと上野のエキュートでシレトコファクトリーのパンダドーナツ買って帰る。
ミーハーだけどこういうの好き。



本当は秋葉原UDX横の高架下で今日開店のB-1グランプリ食堂にも行こうと思ったけど
Twitter見てたら並んでたから辞めました。
今日のメインはこれじゃないので!ちょっと食べたかったなー。今治焼豚玉子飯…。