C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

睡眠にまつわる5つのおすすめ記事をまとめてみたよ




Pocketを整理していたら、「睡眠」に関する記事が多かったのでまとめてみました。

なかなか寝付けないときの1分で眠れる呼吸法

方法は、とっても簡単。
4秒かけて鼻から息を吸い、7秒間息を止める、それから8秒かけて口から息を吐くだけ。
考え事をしちゃって眠れないときやスマホを触りすぎて頭が冴えちゃったときにも役立つ簡単にできる呼吸法です。ただし、花粉症などで鼻が詰まったときにやると逆にイライラしてしまいそうです。

 

自分に合った睡眠時間を見つけよう

「起きて4時間後」にボーっとせずに、一番頭がシャキッと冴えて、眠気を感じなかった日の睡眠時間が自分にとってベストな睡眠時間となる。この調査を2週間続け、自分に合った睡眠時間を見つけよう。
『睡眠時間は○時間が1番良い』なんて記事をよく見かけますが、そんな記事を鵜呑みにせず、
自分に合った睡眠時間が最適なんだとか。

 

22時~2時の間に寝なくてもいい?睡眠は時間より質

『美肌のためには22時から2時に寝ているべき』という考えは最近では古い常識になりつつある。
重要なのは寝付いてから3〜4時間にしっかり熟睡すること。
3〜4時間にしっかり熟睡する質の良い睡眠をとるには、深部体温を下げることが大切。
その具体的な方法はMERYの記事を読んでみてください。

 

眠っている間に、明晰夢を使ってクリエイティブになろう

寝ている間に自信を高め、クリエイティブになりたいという人は、
夢をコントロールする方法を学ぶといいでしょう。
明晰夢(めいせきむ)とは、睡眠中にみる夢を自分で「夢である」と自覚しながら見ている夢のこと。この記事では、夢を自分でコントロールし、明晰夢を誘導する方法が紹介されています。

 

睡眠時間が少なくても20分間の昼寝があれば大丈夫

「○時間しか寝てない」自慢はイライラさせるものとして有名ですが、
そんな友人が周りにたら、20分の昼寝を勧めてあげましょう。
夜間の睡眠時間が少なくても、昼間に数回20分間の睡眠を取るようにすれば、
人間はどうにかやっていけるらしいのです。


まとめられるほど睡眠関連の記事を保存している私って、寝ることに興味津々なんだなと思ったけど、これほど頻繁に睡眠についての記事が世に出回っていることにも驚き。
ま、睡眠欲は人間の三大欲求ですので。仕方ないですね、