C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

事前にゲリラ豪雨や雷雨を知ることができるウェブサービスやアプリ




連日、暑い日が続いていて、夏本番という感じ。そうなると気になるのが夕立ちやゲリラ雷雨
私はいくつかのアプリやWebサービスを使って、天気の急変をチェックしています。

もうすでに知名度があるものばかりだとは思うが、今日はそれらを紹介してみようと思う。



高解像度降水ナウキャスト



言わずと知れた気象庁が2014年8月から公開している「高解像度降水ナウキャスト
1時間後までの降水情報を予測するウェブサイトで、パソコン・スマートフォンから閲覧でき、無料で利用できる。細かい地域ごとに雨がどれくらい降っているか、どう雲が移動するのかがわかるのが魅力。

Google Playでは、Androidアプリがある。

高解像度降水ナウキャスト
開発元:FlagshipYard
無料
posted with アプリーチ



雨量・雷観測情報 - 東京電力


色々と問題の多い東京電力ですが、これだけはなくなったら困るというのが「雨量・雷観測情報
一時期、サービスが停止した際に代わりになる同等のアプリなどがなく、とても不便でした。
関東甲信越の雨量・落雷情報が6分毎に更新されます。表示する地図は地域を選び拡大することができ、パソコン・スマートフォンで閲覧可。また、各電力会社が管内の落雷情報を公開しているので、
お住まいの地域の電力会社のサイトで探してみてください。
「◯◯電力 雷」と検索しても見つけることができる。



Go雨!探知機(ごううたんちき)



最近の新入りは、日本気象協会が開発した体感型天気アプリ「Go雨!探知機(ごううたんちき)
スマホを空にかざすだけで自分の周囲の雨量情報をARでリアルタイムに表示する。上空にかざさない場合は、周辺の雨雲の分布をレーダーで表示。時々、方位がズレることもありますがそこはご愛嬌。

iOS版とAndroid版のアプリがあります。

Go雨! 探知機 -XバンドMPレーダ-
Go雨! 探知機 -XバンドMPレーダ-
無料
posted with アプリーチ



頭痛~る気圧予報



天気アプリではないのですが、気圧の変化がわかる「頭痛~る気圧予報
地域を設定するだけで、気圧の変化をグラフで見ることができます。気圧が急激に下がる時間帯には「警戒」マークや「注意」マークが表示されます。メモも残せるので、自分の頭痛傾向を知り、頭が痛くなるタイミングを予測できるようにも。天気が悪いと頭痛以外にも人それぞれ不調があると思いますが、このアプリで体調管理できそうです。

iOS版とAndroid版のアプリがあります。

頭痛-る:気圧予報で体調管理 700万人の気象病対策アプリ
頭痛-る:気圧予報で体調管理 700万人の気象病対策アプリ
開発元:pocke, Inc
無料
posted with アプリーチ