C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

都内でオレゴン・ポートランドに触れてみよう



結構前からアメリカのオレゴン州ポートランドに憧れている。(まだ行ったことはない)
roomieで『クリエイティブ都市「ポートランド」』という言葉を聞いてから、気になる街だ。

全米で住みたい都市No.1と言われるポートランドは、アメリカ北西部に位置する人口約60万人の街。
毎週多くの人が移住してくるのは、競争せず、自由に、クリエイティブでDIY精神あふれる街の雰囲気と物価がそれほど高くなく、暮らしやすいこと。それからオレゴン州は消費税ゼロ。また、山も海も近くにあり大自然の中にすぐに行ける。地ビールの生産も盛んで、地元のお店を応援するが世界的な企業の発祥の地でもあり、全米で最も自転車にやさしい街でもあるなど、たくさんの魅力がある。

しかし、日本からポートランドには気軽には行けまい。
なので、ポートランドを東京で感じられるスポットを探してみました。



▼Do you wanna go for coffee?

出典:Paddlers terrace / illustir
ポートランドを代表するコーヒー焙煎店「STUMPTOWN COFFEE ROASTERS」ワインのように品種や産地でコーヒーを楽しむ"サードウェーブ"の先駆けと言われ、フェアトレードにも力を入れているそう。
そんな、ポートランドの人気店であるSTUMPTOWN COFFEEが正規に契約を結び、コーヒーの取り扱いをしているのがPADDLERS COFFEE(パドラーズコーヒー)。ポートランドで焙煎して10日以内の新鮮な豆だけを使用して、1杯1杯ハンドドリップのコーヒーが味わえる。

Paddlers Coffee(パドラーズコーヒー)
【住所】東京都渋谷区神宮前6-18-14 2F 【TEL】03-3409-9070
【営業時間】11:00-19:00 【定休日】不定休
※旗艦店が渋谷・西原にあります。



▼Let’s go for doughnuts.

出典:4th Of July donuts / rushdi13
南仏のブリオッシュのレシピで作る、原材料にこだわり抜いたドーナツ。小麦粉もフルーツも、地元の素材を最大限に使って、風味を生かし、さっぱりするよう米油で揚げている。仕上げはもちろん店内でのハンドメイドで、毎日フレッシュなドーナツを提供している。日本初出店の代官山の店舗では、生地から店内で手作りし、BLUE STAR DONUTSのオリジナルレシピや原材料をできるかぎり忠実に再現し、12種類の手作りドーナツを販売している。

BLUE STAR DONUTSブルースタードーナツ)
【住所】東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山2号棟 THE MART AT FRED SEGAL内 【TEL】03-3464-3961
【営業時間】9:00-20:00


▼Let’s go for doughnuts.

出典:kennymatic
看板にもなっている呪いの人形・ブードゥー型をはじめ、メープルシロップがかかったカリカリベーコンが乗ったドーナッツや大量のM&Mが乗ったカラフルなドーナツなど、何とも変わったドーナツを売りにしていて、連日行列が絶えない人気店。

Voodoo Doughnut(ブードゥー ドーナッツ)
2015年6月に日本に初出店予定という情報はあるものの、未だ実店舗の情報がないので、まだ開店していないと思われる。
ちなみに今後3年間で12から20の店舗を日本と台湾で展開する予定で、台北には第1号店がオープンしている。



▼Let’s go for pancakes.

出典:flippin pancakes / HeatherHeatherHeather
日本で、大流行した他のパンケーキ屋とはちょっと違うのがポートランド流。何が違うのかというと、客席のテーブルには鉄板が設置されているのだ。この店は、自分で焼くことができるパンケーキ屋。もちろん、厨房内で焼き上げてもらうことも可能。パンケーキの生地とトッピングアイテムをメニューから自由に選択できます。記事は3種類から、アイテムは20種類以上用意されている。パンケーキ以外にも、『エッグズベネディクト』や『トード・イン・ホール』といったメニューもある。

Slappy Cakes(スラッピーケークス)
【住所】東京都新宿区 新宿3-38-1 ルミネエスト新宿 7&8DINNER 7F 【TEL】03-6457-4155
【営業時間】11:00-23:00(ラストオーダー:22:00)


▼How about going to lunch or dinner?

出典:magazine.nikoand.jp
地元の契約農家のみから仕入れるファームtoテーブル。小皿、大皿を選べるタパス形式。野菜を中心とした旬の食材と自然派ワインが楽しめます。ローカルを支え、とにかく自由に食べるというこのスタイルは、2002年にオーナーシェフであるジョン・タボーダ氏が築き上げたスタイル。ポートランドでも革命的だったこのローカルを味わうスタイルがnavarreとともに日本にやって来ました。北は北海道、南は沖縄までの四季による旬の食材が使われているそうです。店舗は、神宮前交差点から明治通りを渋谷方面に少し歩くと見えてくるniko and ... TOKYOの2Fにあります。

navarre(ナヴァー)
【住所】東京都渋谷区神宮前6-12-20 nico and... TOKYO 2F 【TEL】03-3409-3266
【営業時間】11:00-22:00(ラストオーダー:21:00)


ポートランド発のお店は、グルメの店が多いですがDIY精神あふれる店もできたら行ってみたいですね。
ちなみに、NIKI(ナイキ)やColumbia(コロンビア)もポートランド生まれのブランドです。