読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

気軽にデジタルデトックスに挑戦できる場所を考える

ライフスタイル

 

『デジタルデトックス』って、よく目にする言葉になりましたが…
つまり、デジタル機器から離れて過ごす「繋がらない時間を持つ」ってこと。

星野リゾートがデジタルデトックスができる宿泊プランを企画されたりしてテレビでも取り上げられたりしていました。でも、かなりお値段高め。

そんな宿泊プランに参加しなくても気軽に出来る方法を考えてみた。
 


図書館に行ってみる


図書館は、携帯電話やデジタル機器の使用は禁止なのでデジタルデトックスに最適な環境です。
特に国立国会図書館は手荷物の持ち込み規制があるので、デジタルデトックスのイベントに参加したような状態に。B5判以上の大きさの荷物はロッカーに預け、音響機器、カメラ等、携帯電話、タブレット型端末及びパソコン等の機器の使用も禁止。館内には食堂やカフェもあるので1日過ごせそう。

 


公園に行ってみる


夏のこの暑い時期に公園で過ごすのは至難のわざですが、涼を求めて公園に行ってみてはいかがでしょうか。東京都公園協会は公式ホームページで『夏を涼しく過ごそう!』という特集をしています。滝のある公園や水上バスなら涼しく過ごせそうです。もちろん、その間はスマートフォンともカメラともお別れです。

 


鍾乳洞に行ってみる


避暑とデジタルデトックスをがっつり求める方にオススメなのが、鍾乳洞。鍾乳洞って中に入ると夏でも本当に寒いくらいで半袖なんかで行かないほうがいいです。羽織れる長袖とスニーカーで行ってみてください。鍾乳洞の中は電波も届きにくいですし、カメラも暗いところの撮影は難しいですし、目に焼き付けるってことで。

 


温泉に行ってみる


スーパー銭湯や温泉アミューズメントパークなら温泉以外にもいろいろ楽しめて、長時間デジタル機器から離れていられそうです。東京ドームシティのSpa LaQuaなら、天然温泉のほか、数種類のサウナで身体のデトックス効果も◎最初にデジタル機器をロッカーに預けてしまえば、レストランも併設されているので1日中身体の毒素もデジタルもデトックスできます。



 
島に行ってみよう


Photo by P1000337 / takashi9306

少し前に、東海汽船が『離島でデジタルデトックス』というツアーを企画されていました。場所は東京から高速ジェット船で3時間の式根島。残念ながらツアーは終了してしまいましたが、透明度の高い海と白い砂浜、豊かな大自然に囲まれて、自分でスマートフォンの電源を切り、島を満喫してみてはいかがでしょう! 




もちろん、星野リゾートグループでは、定期的にデジタルデトックスプランを開催しているようですし、こんな鎌倉散策デジタルデトックスツアーというのもあります。まず手始めに、気軽に出来そうなものからやってみるのがいいかも。