読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

石清水八幡宮で、まだ知らない京都を見てみようよ

旅行・おでかけ




米旅行誌「トラベル+レジャー」が発表した2015年版世界の人気観光都市ランキングで、京都が2年連続で首位になりました。

国内外から人気が高く、多くの観光客が訪れる魅力あふれる京都。

しかし、定番の観光スポットは人が多くて疲れますよね。今回は京都の中心地からは離れているけど歴史ある石清水八幡宮に行ってきました。



古典の授業で徒然草に書かれた一節で石清水八幡宮の名前は聞いたことがある方も多いのでは?仁和寺の法師が石清水八幡宮に参拝しようと思って行ったら、案内人がいなかったので、手前にある寺社仏閣を八幡様と勘違いして参拝し、帰ってきてしまったという話。実際に行ってみて、地理がわかり、「そういうことか」と納得しました。

石清水八幡宮

国家鎮護、厄除開運、必勝・弓矢の神として御利益があるとされており、『やわたのはちまんさん』の名で親しまれています。

平安時代始め(859年)に八幡宮総本社の宇佐神宮大分県宇佐市)から勧請された神社で、日本三大八幡宮のひとつ。860年に清和天皇が八幡造(はちまんづくり)の社殿である、六宇の宝殿(ろくうのほうでん)を造営したのが創建とされる。

境内は国の史跡に指定されており、本殿のある山上の上院と、頓宮や高良神社のある山麓の下院とから成る。本殿をはじめ建造物16棟等は国重要文化財になっていて、社殿内には織田信長奉納の「黄金の樋」「信長塀」などを納めている。



大阪方面からだと、京阪本線に乗って八幡市駅で下車。駅の改札を出て右手に進むとすぐに、男山ケーブルのりばが見えてきます。これで山上(上院)まで行くことができます。ICカードは使えないので、¥200(片道)の切符を買って15分間隔で出発するケーブルに乗り込みます。



結構な斜度で登って行きます。目の前には京都・長岡京市の街並みも広がる。





男山山上駅には3分程で到着。ここから約5分、西ケーブル参道を歩いて石清水八幡宮の御本殿がある上院を目指します。参道は舗装されいますが、木が生い茂っていました。





カヤの巨木を右手に見ながら、山上の玄関口である南総門をくぐると、艶やかな朱色の楼門が目に飛び込んできました。







トーマス・エジソン白熱電球の発明の際に、試行錯誤の末、石清水八幡宮境内の竹を使用し電球の寿命は飛躍的に延ばした。そのため境内には記念碑があり、2月11日にはエジソン生誕祭も行われる。また、竹製のエジソン合格祈願絵馬も授与している。





上院参道の石灯籠群を抜けると、「一ッ石」や「勝負石」と呼ばれている勝負必勝・勝運の石があります。江戸時代には、本殿参拝を終えた参詣者が一ッ石の前で再び本殿に向かい拝礼するという習わしがあったと伝えられている。





三ノ鳥居を左に曲がれば、下へと続く階段が。これが表参道の入り口で山麓の下院へと続いています。
ちょっと進んだところに猫さんがいました。この辺りで暮らしているのかな?





途中まで先導してくれた別の猫さん。表参道はもう少し続きます。山麓が近づくに連れて、つづら折りになっています。京阪本線が走る音も聴こえてきました。





頓宮の境内を通り抜けると、もう出発した八幡市駅のロータリーはすぐそこ。



駅に向かう前に、暑かったので一ノ鳥居の手前にある「走井餅老舗本店」さんでかき氷と名物の走井餅をいただきました。


▲白玉も2つ付き、自家製抹茶みつがかかった、宇治しぐれ(¥500)


▲「やわた名物」の走井餅(1ヶ¥110)

はちまんさんにお参りしたら走井餅が食べられる。

創業した大津からこの地に移って100年の走井餅老舗本店。石清水八幡宮のお参りには欠かせない存在のようです。

みんなが知っている京都とは違い、ゆったりと過ごせる石清水八幡宮周辺を散策してみてはいかがでしょうか?

石清水八幡宮
住所:京都府八幡市八幡高坊30
アクセス:京阪電車八幡市駅」~男山ケーブル男山山上駅」下車徒歩5分
開門時間:4月~9月/5:30~18:30、10月/6:00~18:00、11月~3月/6:30~18:00(正月期間変動有)
料金:拝観無料
TEL:075-981-3001 | WEB:http://www.iwashimizu.or.jp/top.php
[走井餅老舗本店]
住所:京都府八幡市八幡高坊19 | アクセス:京阪電車八幡市駅下車徒歩2分
営業時間:8:00~18:00(L.O.17:30) | 定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日休)
TEL:0120-76-0154 / 075-981-0154 | WEB:http://www.yawata-hashiriimochi.com/