C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

出町柳周辺で過ごす、のんびりできる京都



◆京都の定番観光スポット以外を巡ってみる今回の旅。
前回の古典:徒然草にも登場する「石清水八幡宮」周辺の記事はこちらから。


石清水八幡宮を参拝後、名物・走井餅とかき氷を食べ、再び京阪本線に乗りました。目指すは京阪本線の終着駅である出町柳駅。大阪方面から京都へ向かうとき、いつも阪急京都線を利用していたのですが、最近、京阪本線のほうが座席シートがフワフワということに気づき、出町柳にもよく行くようになしました。





出町柳駅の1番出口から出て、鴨川を渡ります。暑かったので河原では水遊びをする人もちらほら。
(5番出口から出れば、下鴨神社糺の森がすぐですが、今回はスルー)





鴨川を渡り切り、突き当りまで行くと出町桝形商店街河原町通側のエントランスが見えてきました。





この日は、この出町桝形商店街を抜けた先の寺町通に面した、蕎麦屋の司津屋さんでお昼ご飯をいただきました。テーブルは2人掛けが4つ、4人掛けが2つ、大きな円卓が1つなので、お昼どきには少し並ぶことも。

私は「ざるそば」と「かやく御飯」を注文しました。







商店街にある庶民派のお蕎麦屋さん。もりそばは他のお店よりもちょっと量が多めです。そして、かやく御飯は本当に家庭的なお母さんが作った炊き込みごはんの味なんですが、ここに来るとなぜか食べたくなるんですよね。ほっとするご飯が食べられるお蕎麦屋さんなのかもしれません。



おなかもいっぱいになり、司津屋を出て、また商店街を出町柳駅の方向へ戻ります。寺町通から近い場所に井上果物店をいう果物屋さんがあります。いつ来ても、カラフルな店内は目を引きます。

実はこの出町桝形商店街、森見登美彦による小説「有頂天家族」のなかにも出てくる場所でもあります。さきほどの司津屋さんも登場しています。(作中では「竹林亭」)



アニメ版の有頂天家族を観ていた方は、商店街の中程にあるこの鯖のモニュメントも見覚えがあるかもしれません。モニュメントはアニメの演出ではなくて、実際に常時展示されているものなんです。記事のはじめに載せた出町桝形商店街のアーケード入り口の写真も何度か登場していたカットと同じ構図です。


▲この日の夕方、四条大橋から夕暮れを。

このあと、よしもと祇園花月に行く予定があったので足早に祇園四条へ向かいましたが、賑やかな四条周辺からは少し離れた出町柳は落ち着いたカフェもある、「のんびりできる京都」です。有頂天家族など森見先生の小説に登場する場所が多いので聖地めぐりも良いかもしれません。また、鞍馬や貴船へ向かう叡山電鉄の始発駅でもある。魅力いっぱいの出町柳。まだまだ探索足りません!

[司津屋]
住所:京都府京都市上京区寺町今出川上ル1-81 | アクセス:京阪電車出町柳」から徒歩12分
営業時間:11:00~15:00 / 17:00~20:00 | 定休日:火曜日
TEL:075-255-2819