読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

今年の中秋の名月は9月27日、翌日は今年最大の満月!

ニュース・話題




今年の「中秋の名月」は9月27日。そして、翌日の9月28日が今年最大の満月で、中秋の名月と満月の日が1日ずれていますが、2日続けてちょっぴり特別な月が見られるんです!

中秋の名月とは?



そもそも、中秋の名月とは何なのでしょうか。「十五夜」やうさぎとススキ、それからお月見団子のイメージしか思い浮かびません…。よく耳にする十五夜や十三夜とは別のものなのでしょうか?

中秋の名月」とは、太陰太陽暦(旧暦)で8月15日の夜の月のこと(八月十五夜)。つまり、中秋の名月十五夜なんですね。新月となる日から数えて15日目の夜の月のことを中秋の名月というので、満月とは日付がずれることがあるらしい。

中国や日本では、単に月を愛でる慣習であれば古くからあり、日本では縄文時代頃から。中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。とても古い習慣なんですね。家庭で月見団子などのお供え物をするようになったのは、江戸時代中期以降からのようです。

ちなみに、日本では旧暦9月13日から14日の夜(九月十三夜)にも月見が行われ、これを十三夜という。今年の十三夜は10月25日。

【9月27日 撮影】夕方まで曇っていたけど、月の出には晴れて中秋の名月を堪能できました。



9月28日は今年最大の満月



中秋の名月を楽しんだ翌日の9月28日は満月です。この日の満月は2015年で1番大きく見える満月。今年最も小さく見えた満月は3月6日で、このときの満月に比べると2まわりくらい大きく見えます。

なぜ、こんなにも月が見える大きさが変わるのでしょうか?国立天文台の天文情報センターの解説は次のとおり。

月は地球の周りを回る天体ですが、その軌道が楕円形をしているため、地球と月の距離は一定ではありません。また、月の軌道は太陽や地球などの影響を受けて変化するため、月が地球に最も近づくとき(近地点)、最も遠ざかるとき(遠地点)の距離が毎回異なります。

引用:ほしぞら情報 2015年9月 | 国立天文台(NAOJ)

月の軌道が地球に1番近くなるのが今月の満月と重なるので大きく見えるんですね。今回、月が地球に最も近づくのは9月28日の午前10時46分。満月の瞬間時刻は、同日の午前11時51分。残念、日本では月が地平線より下にある昼間になってしまいます。

東京都で見る場合、9月28日の月の出は午後5時40分、南中時は午前零時ちょうど。そして月の入りは翌29日の午前5時16分です。



中秋の名月の27日の月の入りは、午後4時58分。南中時は午後11時4分で月の入りは翌28日の午前4時5分です。この日の夜明けは午前5時1分なので月の入りまで観察可能です。晴れた夜空で月を眺められますように。

【9月28日撮影】昨夜の中秋の名月よりも色が濃く感じた。月光がまぶしかったのはやはり最大の月。