読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

年末の風物詩である、酉の市に行ってきました




酉の市(とりのいち)は、11月の酉の日に行われるお祭り。今年は5日・17日・29日の三の酉まで開催されます。

江戸時代後期から毎年挙行している、浅草の鷲神社(おおとりじんじゃ)や新宿・花園神社の酉の市はもの凄い人出なので、ゆっくり楽しめる練馬大鳥神社の酉の市に毎年行っています。


酉の市とは?



酉の市は、鷲神社や鳥神社などの鷲や鳥にちなんだ、主に関東地方の神社の江戸時代から続く年中行事として知られています。(雰囲気は関西でいうと、「えびす講」や「えべっさん」と同じようなお祭りです。)

大鳥神社の御祭神である日本武尊が東夷征伐の戦勝祈願をして、帰還の時にお礼参りをしたことに由来している。日本武尊の命日である11月の酉の日に酉の市が行われるようになったそうです。

酉の市の日には、境内に商売繁盛や開運を祈願する「縁起熊手」を売る露店が出て賑わいます。熊手は小さいものから大きいものまであり、企業が事前に予約していて名前が貼ってる熊手もチラホラ。(花園神社の露店では新宿という場所柄もあってか、芸能人の方の名前を見かけることも)。熊手を購入した人には、露店商が手締めを行います。熊手の購入には習わしがあって、昨年よりも大きなものを買うというもの。なので、初めて買うときにはなるべく小さいものを買うようにします。露店で売られている熊手以外に、各神社では開運熊手御守を授与しています。この熊手御守は「かっこめ」とも言われ、福を掻き込み、幸せを呼び込むと言われています。


練馬大鳥神社の一の酉はこんな感じ



練馬大鳥神社練馬駅からすぐのところにあり、駅前から酉の市の提灯が出ています。



境内は狭いんですが、熊手の露店が5つほど店を並べ、豪華な熊手を売っている。





ちょうど、神事を行っているところでした。参拝客の列は長く延びていて、年々人手が増えているように思いました。今年も開運熊手御守を受け、大鳥神社をあとにします。



練馬大鳥神社の酉の市のすごいところは神社の入り口を通り過ぎた辺りからはじまる屋台。たくさん屋台が出ています。熊手の露店よりも、食べ物の屋台のほうが多いんです。

平日の昼間は、神社の境内も外の屋台もゆったり見て回れるくらいなのですが、日が暮れてくると人が増えてきて、参拝の列も境内からはみ出して千川通りに続くほどの賑わいになります。



屋台の並びを通り抜け、千川通りに出ると角に「練馬風月堂」の練馬店があります。ここで切山椒を買って帰るのが毎年恒例になっています。

切山椒は酉の市の縁起物のひとつ。年の瀬を告げ、お正月を迎えるお菓子でこれを食べると風邪をひかないと言われているんだとか。



今年は、まだ17日の「二の酉」と29日の「三の酉」があります。三の酉は日曜日なので、多くの人で賑わいそうですね。是非お近くの大鳥神社で酉の市の雰囲気を味わってみてください。

[練馬大鳥神社
住所:東京都練馬区豊玉北5-18-14
アクセス:西武池袋線練馬駅都営大江戸線練馬駅から徒歩約1分
TEL:03-3948-2960 | WEB:http://torinoichi.info/


浅草 鷲神社公式ホームページ[「酉の市」起源発祥]
花園神社トップページ[東京新宿鎮座]
【おとりさま】東京の酉の市開催場所まとめ 2015年版NAVER まとめ