読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

伊勢の神宮について、ちゃんと知っておこうと思う

カルチャー




近々、市民大学のようなもので伊勢の神様についての話を聞くことになったのですが、寺社仏閣めぐりが好きなわりに、あまりそのあたりのことを知らないので、予習を兼ねて書いておきます。

伊勢神宮と伊勢の神様について知る
伊勢神宮の分社は全国にあるの?
伊勢神宮のご神紋




伊勢神宮と伊勢の神様について知る



伊勢神宮の正式な名称は「神宮」で他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり、それは三重県伊勢市とその周辺に鎮座する125の神社の総称でもある。

日本の総氏神様である天照大御神を祀る内宮と衣食住を司る神である豊受大御神を祀る外宮の2つの正宮からなる。「天岩戸伝説」で有名な天照大御神は、皇室のご祖先で日本民族の総氏神とされていて、記紀によれば太陽を神格化した神である。また、外宮は天照大御神のお食事も司っている。

伊勢神宮の起源については、正式な記録がないためはっきりしていない。諸説あるが、伊勢の地方豪族を祀った神社であったとか、地方豪族の太陽信仰の神社だったとか言われている。

古くは天皇以外の奉幣は禁止されていたが、中世以降になると、資金獲得のために神宮の信者を増やし、伊勢講などによる庶民の参拝が盛んになり、江戸時代にはお伊勢参りが流行した。佐藤栄作元首相が1967年に参拝して以来、現職内閣総理大臣農林水産大臣が1月4日の官公庁仕事始めの日に参拝するのが現在の慣例行事となっている。


伊勢神宮の分社は全国にあるの?



全国各地にある、神明神社神明社神明宮は、一般に天照大御神を祀っている。この他に天照大御神を祀っている神社は、大神宮伊勢神社天祖神社などがある。

都内でいうと、縁結びのパワースポットで有名な東京大神宮がこれにあたり、伊勢神宮の御祭神である天照皇大神豊受大神、倭比賣命を祀っている。現在では縁結びのほうが注目されているが、もともとは「東京のお伊勢さま」と称され親しまれてきた。


伊勢神宮のご神紋



(以前は、訪れた寺社仏閣の紋の収集を趣味にしていたこともあり、個人的に興味があったので調べてみました。)伊勢神宮のご神紋は「花菱」。菱の紋様は日本で最も古いものの一つとされていて、正倉院御物にこの紋様を見ることができるほど!奈良時代より使用されたきわめて古い紋様なのです。また、皇室とのゆかりも深いので、菊の御紋もご神紋としている。

そう言われてみると、「東京のお伊勢さま」と称される、東京大神宮も花菱をご神紋としています。


…知らないことばっかりだった。日本人としてはやっぱり知っておかねばなりませんね。

isejingu.or.jp伊勢神宮
tokyodaijingu.or.jp|東京大神宮 Tokyo Daijingu 】
jinjahoncho.or.jp神社本庁