読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

瞑想がいいってよく聞くけど、実際に1ヶ月間やってみました

ライフスタイル




「瞑想が良い」ってよく目にするから、本当に何か良い効果があるのかなと半信半疑で1ヶ月間続けてみました。瞑想を勧めるネット記事のように素晴らしい効果は出なかったけど、私的瞑想の効果をまとめてみました。


眠れないときは瞑想をしよう



寝る直前までパソコンやスマートフォンを使っていたりすると、なかなか寝付けないことが多いのですがネット閲覧をしていて、もう寝なきゃというときに瞑想をすると、すぐに入眠できるようになりました。なかなか寝付けない夜はいつもより長い時間で瞑想します。

1ヶ月続けた結果、瞑想は睡眠導入剤だと思いました。

ここで私の瞑想方法をご紹介します。

1. 寝る前にベッドの上に仰向けで楽になった状態ではじめます。

2. 5秒息を吸って、次の5秒で息を止めて、さらに5秒間で息を吐く。これの繰り返し。

瞑想の呼吸法はたくさんあるので自分に合っているものを使うのが一番良いと思います。世界的に有名な「4-7-8呼吸法」というものがあります。1分で寝られるらしいですよ。


ちょっとした痛みには瞑想が効く



もうひとつ、瞑想によって起こるいいことは小さな痛みなら鎮痛剤になるということ。

眠る前にちょっと頭が痛くなってきたとか、胃がもたれてるかもという痛みの初期の時点なら痛み止めを飲まなくても瞑想で十分だとわかりました。(あくまで個人的な意見なので無理をせずに痛み止めを飲んでください!)呼吸に意識を集中させるからか、あまり痛みが気にならなくなるのかも。呼吸への集中力よりも痛みが勝っていたら薬に頼りましょう。

順天堂大学医学部の小林教授も呼吸を安定させると自律神経が整い、元気に生きられると言っていました。とくに吐く息が大切で息をゆっくり吐くことで頚動脈にある副交感神経のスイッチが入るんだとか。

ちなみに私は瞑想をするときに音楽を聴きます。好きな音楽でゆったりとしたものでも自然音でもいいと思います。5分やろうとして、タイマーをセットしてピピピピという音で終えるのは味気ないなと感じたので。音楽ならそのまま寝落ちできますし、おすすめです。