読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

京都の紅葉を穴場スポットで見たい #哲学の道周辺




京都の南禅寺周辺といえば、南禅寺永観堂など紅葉の名所の有名どころが多いですが、人ももちろん多くて混雑必至です。それでもせっかく紅葉の時期に京都に来たのならモミジの紅葉を見たい!ということで哲学の道近辺でも比較的混雑を避けて紅葉狩りができるスポットとネットや本で言われているスポットを調べて実際に行ってきました。ルートは以下のとおり。全て徒歩でまわりました。(2015年11月20日時点)


阪急河原町駅スタートで真如堂法然院安楽寺の順にまわり、また歩いて河原町駅に戻るコース。


mapion.co.jp京都市の地図


真正極楽寺 真如堂


真如堂総門(赤門) (写真編集なし)

真如堂と呼ばれる真正極楽寺京都市左京区にある寺院で近年は紅葉の名所として人気が高まりつつあるそうですが普段は静かなお寺です。以前、お花見シーズンの前に行ったことがあったのですが人はほとんどいなかったので穴場なんじゃないかなーと思っていってみましたが、総門(赤門)の近くまで来るとボランティアの案内人が立っているほど紅葉の名所になっていました。


三重塔ともみじ (ちょっと明るくして彩度を上げて編集しました)


本堂ともみじ (写真編集なし)

穴場とは言えど、観光バスが何台か停まっていて「JTBでお越しの方~」と集合がかかっていたのでツアーにも組まれているのかも。観光客がボランティアの方に「いつもこんな紅葉なんですか?思ったよりも色がなくて…」と聞いていましたが「今年はダメですね、いつもはもっと紅いんですよ」と話されていました。今年は寒暖を繰り返していたので、真っ赤になる前にチリチリになってしまったようです。

ちなみに真如堂までの道はかなり急勾配で坂がすごいです。バス通りである白川通からレンタサイクルで行ったときは途中から自転車を降りて押すくらいの傾斜で階段もありました。今回は岡崎通のほうから行きましたがこちらからのほうが坂道は緩やかだと思います。


真如堂境内のもみじ (写真編集なし)

[真正極楽寺 真如堂
住所:京都市左京区浄土寺真如町82 | アクセス:市バス真如堂前または錦林車庫前から徒歩約8分
時間:9:00~15:45
料金:本堂庭園500円、境内自由
TEL:075-771-0915 | WEB:http://shin-nyo-do.jp/


真如堂をあとにして、今出川通まで出て哲学の道へ。混雑する銀閣寺は素通りして法然院を目指す。

法然院


境内から山門と白砂壇 (ちょっと明るくして彩度を上げて編集しました)

法然院銀閣寺から近く、哲学の道付近にあるにもかかわらず穴場で個人的にもお気に入りの寺院であります。春の椿が有名で春季伽藍内特別公開の時期には法然院独特の椿の散華で美しい境内を拝観することだでき大勢の人が訪れる。(秋にも特別公開がありますが春も秋も7日間だけと極めて短い。2015年は11月1日~7日でした)秋の紅葉の時期は周辺の寺院に比べるとまだ人が少なくて穴場スポットだと言える。

法然院の山門は風情があって、どの季節に訪れても良い雰囲気があるんですが、この日山門をくぐると境内側に外国人観光客の方が1列になって一眼レフを構えてこっち(山門)を見ていて驚きました。海外の方のほうが情報収集力が素晴らしいんだろうと感心。法然院以外でもこんなとことで!?と思う場所ですれ違ったり。さすがアメリカの旅行雑誌で世界最高都市の首位になっただけあるわ、京都…。

山門をくぐってすぐの白砂壇は水を表す砂盛りでこの間を通ることは、心身を清めて浄域に入ることを意味するらしいです。季節ごとに模様が描かれるそうですがこの日はイチョウのようでした。


法然院境内の池泉 (写真編集なし)

写真を見てお分かりのとおり、紅葉はあまりしていません(2015年11月20日時点)。境内にモミジの木は数十本あるとガイドブックに書いてあったのですがほとんど緑色のままでした。もっと色づいたら綺麗なんだろうなあ。


法然院境内 (ちょっと明るくして彩度を上げて編集しました)

法然院
住所:京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30 | アクセス:市バス南田町から徒歩約5分
営業時間:6:00~16:00
料金:秋季伽藍内特別公開800円、境内自由
TEL:075-771-2420 | WEB:http://www.honen-in.jp/



安楽寺


安楽寺参道 (写真編集なし)

京都に行く前に家で紅葉シーズンの安楽寺参道を写したポストカードを偶然発見して、とても美しかったので安楽寺をコースに入れました。しかし、紅葉のベストシーズンには早かったらしくてポストカードと同じ光景は見られませんでした。本来なら散った紅いモミジの葉が石段を覆い、赤く染まる境内の様子が見られるらしいです。

春と秋だけ特別公開していて、現在は秋の特別公開で土・日曜・祝日のみ拝観可(2015年11月14日~12月6日・9:30~16:30)参道は境内の外なのでいつでも拝観できます。

普段の安楽寺は山門まで入ることが出来ので、素通りする人が多いのですがこの日は人がチラホラ。やはりみなさんも山門と参道の写真を撮りに来た方が多いようでした。観光用の人力車も数台参道の前で停車し記念撮影。俥夫の方の話ではこのくらいの紅葉のほうが写真を撮る余裕があるとのこと。参道の紅葉が真っ赤になる頃には手前の道を進むのが大変なくらい混雑するらしいので逆にラッキーだったのかもしれません。



参道の階段から道路のほうを向いて撮った樹木のほうが綺麗でした (ちょっと明るくして彩度を上げて編集しました)

安楽寺
住所:京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21 | アクセス:市バス錦林車庫前から徒歩約7分
営業時間:9:30~16:30
料金:500円
TEL:075-771-5360 | WEB:http://anrakuji-kyoto.com/


ちょっと紅葉には早かったかもしれませんが、混雑スポットを避けつつ王道である哲学の道周辺の紅葉を楽しめました。