読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

「山形市地産地消の店」認定、地酒と旬菜のあきよし




◆旅行記を兼ねて、ほんとうは魅力が多い山形を紹介していきます。
 今回は居酒屋「あきよし」さん。




お店の外観を撮り忘れてしまったので、Googleストリートビューから失礼させていただきます。


JR山形駅東口、居酒屋や小料理屋が立ち並ぶ「花笠一番街通り」。その一角に『地酒と旬菜 あきよし』はあります。


いつ訪れても店内はお客さんがいっぱいで賑わっています。来店する時は必ず予約していないと入れないくらいです。(予約も早めがおすすめです)。


あきよしは、「山形市地産地消の店」の認定を受けているお店。山形の美味しい食材を使った料理が食べられ、地元のお客さんも多い。山形は山の幸も海の幸にも恵まれ、郷土料理も豊富なので地産地消にはピッタリなところなのです。



上の写真はお通し。たっぷり3品です。一品頼んだのではないかと思うボリュームで、お店のあたたさかを感じます。


あきよしで私が楽しみにしていたのは『刺身盛合せ』。ほとんどの魚が山形の日本海側、庄内浜でその日の朝に採れたもの。新鮮な魚を食べることができます。注文してからさばいた刺身を店主自らテーブルにて魚の説明をしていただけます。この日は、時鮭・ハギ・鰤・タコ・鯛・鱈。この写真で2人前、しかも他では食べられないくらい厚切りのお刺身なのです。タコは噛み切れないほどでした。



写真でこのお刺身の厚さ、伝わるでしょうか?お箸で持つのが重たいです。




こちらのお店のもうひとつの楽しみが地酒。山形には多くの酒蔵がありますが、なかなかお目にかかれないようなものまで置いてあることも。100mlから頼むことができます。この日は、高木酒造の幻の地酒、『十四代』が入荷していたのでもっきりでいただきました。(実際のところ、私自身は日本酒は飲まないのでこのお酒の価値がわかっていないのですが…)


こちらは「ワカサギの唐揚げ」です。子持ちとはいえ、シシャモのような大きさ。卵の量も多くて美味しかっです。




山形牛スジ煮込み」(写真は1人分に取り分けたもの)。味噌煮込みのスジ煮かなと思ったらテールスープのような味付けで出汁もたくさん入っているので温まります。優しい味でスジもトロトロ〜。



山形の漬物の盛り合わせや、ホッケなどなど…。ほかにもいろいろいただきました。シメは、山形名物のいも煮です。



いも煮は山形県内の地域によって味が違うのですが、あきよしでは村山地方醤油ベースのいも煮をいただけます。


誰かの家に行って、家庭料理でおもてなしをされる、そんなアットホームな雰囲気のあきよし。またあの料理を食べに行きたいなと思えるお店です。

[あきよし]
住所:山形県山形市香澄町1-4-13 | アクセス:JR山形駅東口から徒歩約1分
営業時間:17:00~00:00 | 定休日:日曜日
TEL:023-633-5501