C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

気になる観光スポット、ご神体が空気の空気神社




山形の旅行記は全て書き終えたのですが、やまがた観光情報センターでパンフレットをいろいろ見ているときに、気になる観光スポットを発見しました。

それは「空気神社」。その名のとおり、空気を祀っているらしい…。行ってみたかったけど冬季は閉鎖しているとのことで参拝は断念しましたが、気になるので調べてみました。


空気神社は山形駅から車で約1時間のところにあって、リゾート地の施設のひとつらしいのです。


出典:http://www.shizenkan.jp/

朝日連峰の麓にある「朝日山麓家族旅行村Asahi自然観」はホテル、コテージ、キャンプ場からスキー場、ゴルフコースなどを持つ複合リゾート施設。このリゾート自体がブナの森に囲まれていて自然をたっぷり感じることが出来そう。


空気神社のパンフレットには、『御本尊はあなたの心です。ご利益はあなたの子孫に』と書いてある。むむむ…心?

しかし、こうも書いてある。『空気神社は空気をご神体とした世界に1つだけの神社です。』ご神体は空気で、御本尊は心?神社なのか、お寺なのか…。

山形県神社庁には属しておらず、以前記事に書いた日本の神社・寺院検索サイトで検索しても出て来ないので、“リゾート地の神社”なのかも。


さらに、パンフレットを見てみる。『宇宙の5元素といわれる「木、火、土、金、水」のモニュメントが並ぶ参道を登りつめるとブナ林に囲まれた空気神社が姿を現します。

…なんかのゲームの神殿のようだわ。残念ながらパンフレットやホームページにモニュメントの写真はない。

さらに境内の中には5メートル四方のステンレス板があり、このステンレス板が舞殿であり、拝殿でもあるようです。


Photo by f_a_r_e_w_e_l_l

本殿はステンレス板の地下に納められていて、普段は見ることができない。
空気神社がある朝日町では世界環境デーに合わせて6月5日を「空気の日」に制定し、毎年最寄りの土日に「空気まつり」が催されるそうです。祭りの期間中は本殿の一般公開やステンレス板の上で地元の小学生による『みこの舞』の披露もある。


YouTubeで2015年の空気まつりでの『みこの舞』を撮影した動画がありました。


ホームページに掲載されている「空気神社の参拝の仕方」もシュールなのでチェックしてみてください。

1973年に町内で山仕事をしていた白川千代雄氏が「ブナの木のそばにいると体調が良い、空気の恩恵を人間は忘れている。世界に先駆けてわが町に空気神社を造ろう」と呼びかけ、この遺志を継ぎ、1988に神社設立にふみ切ったのだとか。

ちょっとドラマのTRICKのような香りがするな…と思ってしまったけど、山岳信仰の厚い山形なら自然に対する信仰があってもおかしくないなと思いました。

[空気神社]
住所:山形県西村山郡朝日町白倉745-1 | アクセス:山形駅から車で約1時間
休業日:冬期間閉鎖(11月下旬~4月中旬)
TEL:0237-67-2134 | WEB:http://www.shizenkan.jp/air_shrine.html