読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

ふわふわトロトロ、マスカルポーネを練り込んだパンケーキ




知人に「他のところのとは全然違うから食べに行ってみて!」とおすすめされたパンケーキを食べに、Scotch Bank Shibuya(スコッチバンク渋谷)に行ってきました。



カフェタイムはパンケーキ、ディナータイムには本格熟成肉のグリルが自慢のカフェ&ダイニングで、場所はJR渋谷駅の新南口のあたり。駅からは少し離れた場所にあるにも関わらず、人気のパンケーキは休日には売り切れてしまうこともあるらしい。

また、こちらのお店は、ラジオ好きなら知っているであろう、DJ TAROさんがプロデュースされているんだとか!


スコッチバンクのパンケーキは、ペラペラなパンケーキとは全く別物。パンケーキの生地にマスカルポーネが練り込まれた、フワフワ・トロトロパンケーキです。最初は生カステラとか、スフレパンケーキとかを想像してたんだけど、それとも違う、もっと柔らかくてとろける、スポンジ生地ではないパンケーキ。スプーンで食べるパンケーキです。厚みは数センチくらいあるんだけど、中はトロトロで、食感はスフレとパステルのプリンを足して2で割ったような?かんじ??今までに食べたことがない食感なので表現が難しいです。

注文を受けてから焼き上げるので、テーブルに運ばれてくるまでに通常30分待つ。この日はほぼ満席だったこともあって、注文から40分〜50分ほど待ちました。なので、時間に余裕があるときに午後のおやつとしてゆっくり待つのがおすすめです。

ちなみに、パンケーキが食べられるのは、カフェタイムの14:00〜17:00 (16:20 L.O)の間のみ


シャンパン風ティーソーダのアップル・ジンジャー(左)とエルダーフラワー(右)


訪問したとき、DJ TAROさんと共にお店をプロデュース&運営している、ラジオDJの遠近由美子さんが店内にいらっしゃいました。遠近さんはとてもスコッチバンク渋谷を大切に思っているんだなーと分かりましたし、厨房のシェフたちの雑談からもホットケーキの焼き方や作り方にこだわりがある様子。


では、実際に食べたパンケーキをご紹介。



「ミックスベリーパンケーキ」
フワとろ生地のパンケーキにミックスベリーとベリーのソースがかかっている。




「生ハムとルッコラのパンケーキ半熟玉子乗せ」
パンケーキメニューのなかで唯一のお食事系パンケーキ。生ハムとルッコラに粉チーズがかかっていて、生ハムのしょっぱさとチーズがフワトロ生地と相性が良くて美味しい。パンケーキの生地がフワトロなのに甘過ぎないから食事系のものにも合うみたい。




マスカルポーネパンケーキ」
1番スタンダードなプレーンのパンケーキ。メイプルと特製アングレーズドバターと一緒に頂きます。


「似たようなホットケーキは出てきてるけど、うちと同じものは絶対にできない」という自信がお店の全体の雰囲気から伝わってくるお店でした。元祖・ハイブリッドスイーツのパンケーキ、おすすめです。

[スコッチ バンク 渋谷 (Scotch Bank Shibuya)]
住所:東京都渋谷区渋谷3-26-17 Duplex 1F
アクセス:渋谷駅徒歩約8分(16-B出口)、JR新南口から徒歩約3分
営業時間:月~金【ランチ】11:30~14:00(L.O13:30)
        【カフェ】14:00~17:00(L.O16:20)
        【ディナー】18:00~23:30(L.O22:30)
     土・日【カフェ】12:00~17:00(L.O16:20)
        【ディナー】18:00~23:30(L.O 22:30)※月曜のみディナー営業休み
TEL:03-6427-1175 | WEB:http://www.cafe-scotchbank.jp/