読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

SCRAPで絶賛発売中の失恋回復手帳

カルチャー




今日は『失恋回復手帳』を紹介します。SCRAP(スクラップ)という会社がホームページで販売しているオリジナルグッズの失恋回復手帳。その名の通り、失恋してどうしようもなく落ち込んでしまい、毎日がツラいという人が3ヶ月で心の回復できるように、元気になれる工夫が盛り込希て作られた手帳です。


SCRAP(スクラップ)という会社は、近年は実際にどこかの街を舞台にした謎解きゲームやリアル脱出ゲームを多く企画・開催していて、最近までは東京メトロでナゾトキ街歩きゲーム地下謎への招待状というイベントをやっていました。


Image by realdgame.jp

▶ フリーペーパー:SCRAP:京都全域で配布中

なので、リアル脱出ゲーム専門の会社かと思ってしまうのですが、もともとは、京都発のフリーペーパーを発行している会社で、失恋回復手帳はそのオリジナルグッズ第一弾として作られたものでした。


私が失恋回復手帳を知ったのは、ラジオ番組で紹介されていたのがきっかけ。ラジオなので言葉での説明を聞いただけなのに、すごく面白そうだな〜と思ったのと、当時別れる予感があったので、その時の保険のために買いました。でも、実際に手元に届いて封筒を開けてみたら、すごく可愛くて、使うのが勿体無くなってしまって本当に失恋したときには、手帳に書き込みたくなくて使いませんでした(笑)なので、今も使わずに大切に保管しています。



手帳の包装。シンプルだけど素敵な包みです。

届いて、まず驚いたのが手帳と一緒にSCRAPのスタッフの方のメモ用紙に書かれた手書きの手紙が同封されていたこと。失恋直後に読んだら涙が出そうな内容です。表紙はフクロウのイラストがデザインしてあり、落ち着いた雰囲気。大々的に『失恋回復手帳』と表紙に印刷されていたりしないところが素敵です。A6くらいの大きさで、3ヶ月で回復することを目標にしてあるので、ページ数は少なく薄いです。中を開くと2色刷りでおしゃれ、手製本な感じもします。



まず、1ページ目に失恋直後の今の気持ちをバイオグラフで表せるようになっていて、ここから手帳を使って3ヶ月後にどれだけ回復できたか回復度を知ることができます。
手帳には3ヶ月分の月間カレンダーと週間カレンダーのページがあり、そこには気分転換のヒントや著名人の名言が書かれています。ここでも日々の回復度をグラフで記入できるようになっている。他にもオススメの料理・映画・漫画・ヨガのポーズ・おでかけスポット(SCRAPは京都の会社なので京都のスポット)などを紹介するページがカレンダーの間に挟まれています。



失恋していなくても、毎日些細な喜びとか楽しいことを見つけるために役に立ちそうな手帳です。

失恋回復手帳の購入ページはこちら