読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

大阪・天王寺から難波まで、ぶらぶら徒歩観光

旅行・おでかけ




住吉大社を参拝したあと、参道の目の前を走る阪堺電車に乗って終点・阿倍野から歩いて難波までウロウロしてみました。


住吉大社の参道の前には、路面電車の線路が走っています。その阪堺電車阪堺電気軌道)は大阪市南部と堺市を結ぶ大阪唯一の路面電車

今年1月に103年の歴史がある阪堺電車の1つの駅が廃止されるというニュースを読みましたが、まさか実際に乗ることになるとは。住吉鳥居前から終点の天王寺駅前までの乗車です。




南海本線住吉大社駅の隣にある、住吉公園駅の駅舎はまだ残されている。



住吉鳥居前の停留所は狭くてちょっと危ない。スレスレのところを電車が停まる。


天王寺駅前に着くと、目の前にはあべのハルカスが。(でも高い建物って近づきすぎると見づらい。)地上300m日本一の超高層ビルって、展望台からいろいろ遠くまで見えそうですが今回は先を急ぐので下から見上げて終了です。



そして、天王寺公園の中を通り抜けて、見えてきた通天閣の方向を、目指して歩きます。



大阪市立美術館の前まで来れば、あべのハルカスの全体もしっかり見える。




さて、いよいよ新世界(通天閣周辺)へ。



通天閣の足元(?)の天井部分はクラブ化粧品の広告が描かれていました。広告なんだけど、鮮やかでレトロおしゃれ。通天閣でも展望台には昇りませんでしたが、多くの人が展望台行きのエレベーター入口に吸い込まれて行きました。人気観光スポットですね。





通天閣を通り過ぎたところに新世界市場がありました。
この新世界市場はユニークなキャッチコピーや店主の言葉を使ったポスターを各店舗ごとに作成したと、ネットニュースで話題になっていた商店街です。




その入り口のお肉屋さんで通天閣コロッケが売られていた。
熱々の揚げたて・食べ歩きにぴったりなサイズで、シンプルなんだけど、じゃがいもの甘みが美味しいコロッケ。




散策の最後に訪れたのは、JR難波駅から徒歩約6分の場所にある難波八阪神社。EyeEmで知り合った方がこちらの境内にある巨大な獅子頭の写真をアップしていたので以前から気になっていたのです。



実際に見てみると大きい。これは獅子舞台と呼ばれる舞台で、鼻の穴はスピーカーになっているとか、いないとか。



ちなみに獅子舞台を観に来ているのはほぼ欧米の方。洋書のガイドブックに載っているのでしょうか…。


この日、歩いた距離は約4Km。昔はちょっとアブなかった場所がおしゃれになっていたり、観光客がゾロゾロ歩いていたりして街って変わるんだな〜と驚きました。歩かないとわからない発見があるので、徒歩観光はおもしろい。