読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

江戸の夏の風物詩!入谷朝顔まつりに行ってきました




7月になると各地でお祭りが開催され、今年も夏本番という感じになってきました。

そのなかでも「このお祭りが始まれば江戸の夏が来た!」という、毎年恒例のお祭りがあります。

というわけで、2016年7月6日〜7月8日に台東区で行われた入谷朝顔まつり(朝顔市)に行ってきました。



おそれ入谷の鬼子母神朝顔まつり





朝顔まつりは毎年7月6日から8日までの3日間開催され、入谷鬼子母神を中心として、言問通りに120軒の朝顔業者と100軒のお祭りの露店が並び、毎年40万人もの人出で賑わう、日本最大の朝顔市です。

入谷の朝顔が有名になったのは江戸末期の頃。最初は御徒町の下級武士たちが盛んに栽培していたものを入谷にある十数件の植木屋が造るように。当時流行していた朝顔は桔梗の花や牡丹の花のように咲く、花粉の交配によって造られた「変わり咲き」の朝顔でした。明治中期になると、植木屋は料金をとって客に見せるまでに入谷の朝顔は有名になっていきました。

一般的な丸い朝顔も盛んに栽培されていたが、変わり咲きの朝顔は江戸の人々の間でブームになり、明治24年頃には入谷の朝顔は全盛期を迎え、当時の新聞に載るほどになりました。

しかし、大正時代に入ると入谷の地で頑張っていた最後の植木屋が廃業すると、入谷の地から朝顔は消え、変わり朝顔は人々から忘れられてしまいました。66年目を迎える現在の朝顔まつりは昭和25年に地元有志と下谷観光連盟の協力で復活したものです。

今年は平日開催だったので、いつもと勝手が違い、歩行者天国は17時~21時まで。言問通りの歩道を浅草方面に向って左側が食べ物などの屋台、右側に朝顔業者の露店が並んでいました。



お気に入りの朝顔を見つける楽しみ





以前、訪れた際は変化咲きの「桔梗咲朝顔」を買いましたが白だけ咲かなかったので、今回はリベンジで白がすでに咲いている桔梗咲朝顔を購入。

あと、曜白朝顔も買いました。大輪の花で曜と呼ばれる部分と縁が白く、花の色とのコントラストがはっきりしていて目立ちます。

他にも江戸時代から栽培されている、茶色い花が咲く朝顔。二代目市川団十郎の衣装の色に因んで名前が付けられた「団十郎」。

来年もまた花が咲く「琉球朝顔」や「おりひめ」という八重咲きのバラのような朝顔もありました。


こちらは曜白朝顔。暑いからか早朝ではなく影ができてからの時間に咲いています。


桔梗咲朝顔。紫色の花は本当に桔梗みたい。

端から端の朝顔を見て、気に入ったのを買うのが1番かなと思います。(今回買った桔梗咲朝顔と曜白朝顔の値段はそれぞれ2000円)。

鉢は2リットルペットボトルよりは軽いですが、ずっと持っているのは大変。でも朝顔を持っていることで話しかけられたりするので、やっぱり花っていいなーって思ったり。2017年は最終日が土曜日なのでお出かけしてみてはいかがでしょうか。