読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C1 Express

気になったモノや備忘録・日々考えたことなどについて書いていくマイペースなブログです。

渋谷で和食が食べたくなったとき、ぴったりなお店を発見




「今日のランチは和食が食べたい」と和食モードな胃袋をがっつりつかむお店に行ってきました。「魚料理 渋三吉成」はディナー時はちょっとお値段が張るものの、ランチタイムは1100円で女性だとかなり満腹感を得られるボリューム感です。



渋谷でも築地並みに新鮮な鮮魚を

実は同じくJR渋谷駅周辺の宮益坂方面に本店がありまして、人気店である「吉成 本店」の姉妹店である「魚料理 渋三吉成」。(本店でも同じようにランチを提供しているみたいです。)

「吉成 本店」では天然物にとてもこだわりを持っていて、毎日築地から仕入れており、刺身は当日仕入れた天然鮮魚のみ、ディナータイムに提供される魚介には養殖は扱わないという徹底ぶり。

その本店のこだわりを継承するこちらでも、全国からその日に水揚げされた鮮魚を使った料理を味わうことができます。



選べる定食を注文してみた

「魚料理 渋三吉成」はビルの2階にあり、エレベータの扉が開くとそこはすでに店内の通路。ちょっとびっくりしますが、回転率は早いのでメニューを見ている間に席へ。

メニューの見方は初めてだと少し戸惑う。ランチは2種類用意されていて、1つは「選べる定食」。もう1つは「酢めしを使った丼ぶり」。選べる定食はメニューから好きなおかずを2品選ぶことが出来る。品物は上段と下の段に分けて書かれており、上の段は刺身。下の段は煮物や炒めものなどの料理からそれぞれ1品ずつ選ぶ。丼ぶりのほうはA丼・B丼・C丼といった具合である。

定食には味噌汁と小鉢、どんぶりサイズの白米とおしんこがセットになっていました。





私は少しでもお刺身が生臭いとダメなのですが、まったく臭くない。さすがその日にとれた鮮魚だけを扱っているだけあります!豚バラしょうが焼きもやわらかくて脂っぽさがなく、豚角煮は6時間煮込んでいるとメニューに書いてある通り、お箸を入れればホロホロとなり、豚臭さもありませんでした。おかずが美味しくて、どんぶりサイズの白米をたいらげてしまいました。

他にも選べる定食の定番の1品には玉子焼や筑前煮などもありました。いろいろ好きなものを選んで自分のお好みの定食を頼めるところも魅力的なお店です。和食が食べたいときや、新鮮なお刺身が食べたいときにもおすすめ。